チェイサーと和らぎ水を使って賢く酔おう

「お酒は飲んでも呑まれるな」というスローガンはよく耳にしますよね。最近は、飲酒運転の取締りやアルコールハラスメントなど、お酒に関わるマナーが厳しくなりました。たくさんお酒を飲めることがカッコいいという風潮が弱まり、キャパを超えて飲みすぎてベロベロになるのは、逆にカッコ悪いと考える人が増えています。しかし、居酒屋デートを楽しむなら、お酒も楽しみたいと考えるのは自然なこと。お酒で相手に悪い印象を与えないためにも、スマートなお酒の飲み方をチェックしておきましょう。

男性がカクテルを飲むのはカッコ悪い?

そもそも、男性と女性ではお酒を飲むスタイルが異なります。女性はカシスオレンジなどの、飲みやすくアルコール度数が低いカクテル類を中心に嗜むのに対し、「とりあえず生」と男性はビールを皮きりに、日本酒、焼酎のようなアルコール度数が高いものを嗜む傾向があります。

男性が女性が好きそうなカクテルを頼むと、「女子か!」なんてツッコミを受ける場面を見ることもあるでしょう。もちろん、男性がカクテルを飲んではいけない理由も、男性顔負けに女性が強いお酒を飲んではいけない理由もありません。

しかし、イメージだけが根拠であっても、男性と女性の飲み方がはっきりと分かれているのは事実。アルコールに弱いことを自覚していても、アルコール度数が低いカクテル類を頼むのは抵抗がある、と考える男性は少なくありません。

お酒は適量であれば、リラックス効果をもたらします。初デートで緊張して、普段の自分がうまく出せなかったとしても、少しお酒を飲むことで緊張がほぐれ、デートを楽しめるきっかけを作れるかもしれません。しかし、飲みすぎてハメを外す人がいるように、飲みすぎると判断力や思考力が低下するというリスクも。

男性だけの飲み会のようなノリで、自分のキャパを超えた量を飲むと、常識外れの行動をとってしまい、冒頭で触れた通り、女性の自分に関する評価を下げます。大人の男性として、余裕のある酔い方をする必要があるのです。

和らぎ水とチェイサーを活用しよう

チェイサーとは、アルコール度数が高いお酒の後に飲むドリンクのこと。英語で追跡者を意味し、ウィスキーの後に飲むお水に由来します。ウィスキーは、その高いアルコールのため、飲んだ後は舌が痺れるような感覚があります。味覚の働きを正常にするためにも、ウィスキーを飲むうえでチェイサーは欠かせないのです。

また、体内で水と合わさってアルコールが薄まるため、内臓への負担を軽減し、酔いが回るスピードを緩やかにする効果もあります。日本酒の場合に飲む水は和らぎ水と言い、チェイサーと同じように酔うスピードを穏やかにします。日本酒はほとんどがワインと同じようなアルコール度数ですから、ウィスキーほど酔いやすいお酒ではありません。

しかし、和らぎ水は世界的に見ても、お酒に弱い民族である日本人がお酒を楽しむための知恵。お酒を飲んだ後の口内をすっきりさせる効果もあるので、料理の味も鮮明に感じられます。ひたすらお酒を飲みながら食べるよりも、料理をさらに楽しむことができるでしょう。

アルコール度数が高いお酒で、酔ってはいけない、というのは難しい話。そもそも、焼酎を始めとしたアルコール度数が高いお酒は、血液中のアルコール濃度が急激に上昇するので、少量でも酔いが回りやすい特徴があります。お酒に弱い人が普通に飲んでいるだけでは、あっという間にベロベロになるのは当たり前のことなのです。和らぎ水やチェイサーを有効活用して、余裕がある男の飲み方を楽しみましょう。