チェーン店とこじんまりした店、女を口説くならどっちがいい!?

居酒屋にもいろいろと種類がありますがどんな店が口説きやすいのでしょうか?連れて行った店次第では女性からモテる成功率は違いが出るかもしれません。チェーン店と小さいお店、果たしてどちらの方が女心をつかみやすいと思いますか?

チェーンの良さは便利なところ!

チェーン店の利点はかゆいところにも手が届くサービスです。店内は綺麗で清潔感があるので、女性も気分よく利用できるでしょう。メニューも豊富で、好みに合わせていろいろな味を楽しめます。質的にも大手はマニュアルが徹底しているために一定以上の満足度があります。価格設定もリーズナブルで男性からしてもありがたい点は多いです。もちろんデメリットと言える部分も多少あります。チェーン店は個人経営と違って店舗スペースを広く取れます。イスや机の距離も十分あることでしょう。一見良いことのように見えますが、実は女性との距離感が自然と遠くなるデメリットがあります。広いテーブルを挟んでの会話はやはり遠さが出てしまいます。距離を縮めようと親密な会話をしようにも、大きな声では周りに聞こえてしまいます。かといって距離が遠いので小声で話すことは難しいでしょう。チェーン店は女性を引き付ける要素は非常にたくさんあります。知り合いになりたてなどであれば良い関係を築けます。ある程度仲良くなって親密度を深め、新たな関係に乗り出すのだとしたら少し難しいといえるでしょう。

親しみの良さは小さい店!

小さいお店のメリットはこじんまりとした雰囲気で親しみやすい点です。中小・個人系だとカウンターだけだったり、テーブル席も2人用のものしかなかったりとします。料理もすぐにテーブルいっぱいになったり不自由も感じますが、女性との距離感はかなり近づけることができます。物理的に近いと精神的にも近づきやすくなります。ちょっと薄暗いような店内だとさらに密着度も増すでしょう。親密な内緒話などもしやすくなるので仲を深めるには非常に良いメリットがあります。とはいえ、まだ知り合って日が短いような女性の場合は逆効果になることもあります。まだ関係も浅いのに体を密着されたり、コソコソ話をされれば女性は「嫌悪感」を抱くかもしれません。乗り気じゃないのに「狭くてゴミゴミした店」に連れてこられたら機嫌だって悪くなるでしょう。これでは口説くどころの話ではなくなってしまいます。狭いことはメリットにもデメリットにもなります。関係がある程度深まっている状態で連れてくる方が無難です。

居酒屋に連れて行くなら大手チェーンか、中小・個人経営のお店のどちらが良いのか。答えは「相手との関係性次第」となります。知り合ったばかりならばチェーンの方が無難です。親密度が高いならば、さらに関係を深めるために小さい狭い店を利用するのもいいでしょう。自分と女性との距離はどれくらいか、それを見極めてお店を選びましょう!