居酒屋デートに備えたい、二日酔い対策

居酒屋デートは、店内のカジュアルな雰囲気と、お酒の力も手伝って、お互いをまだよく知らない段階でも打ち解けやすいのが魅力。会話が盛り上がるうちについつい、お酒を飲むペースが早まる人もいるでしょう。

初デートで楽しく過ごせるのはいいですが、お酒を飲みすぎて二日酔いで翌日に響く、なんて事態にもなりかねません。二日酔いは頭痛やだるさが表れるので、頭がうまく働かなくなり、仕事の能率にも影響が出ます。デートを目一杯楽しみ、翌日晴れやかな気分で仕事に取りかかるためには、二日酔い対策をしっかり行いましょう。

お酒を飲む前からできる二日酔い対策

空腹のままお酒を飲むと、消化器官がアルコールを集中的に分解することになります。血中アルコールが急上昇するので、酔いやすくなり、デートを台無しにしかねません。

居酒屋で初デートする場合は、前もって食べ物をお腹に入れておくのがオススメ。最近では、二日酔い対策のドリンクがどこでも販売されているので、合わせて飲んでおくのもいいでしょう。

1日中一緒に過ごすなら、お酒を飲むペースをゆっくりにして、最初に食べ物を多めに食べるように心がけてください。脂肪や炭水化物は、アルコールの刺激から胃を保護したり、アルコールの吸収を緩やかにしたりします。脂肪はオリーブオイルやバターやナッツ、炭水化物はご飯、麺、パン、など実にさまざまものに含まれています。女性が好むサラダにかかるドレッシングには、オイルがたくさん使われているので、脂肪を含んでいます。食べ物は自分だけで選ぶのではなく、女性と相談しながら選ぶようにすると、会話も生まれますし、女性の好みを知る機会にもなり一石二鳥です。

また、二日酔い対策に最も有効と言われているのが、お酒を飲む合間にお水を飲むこと。日本酒では和らぎ水、ウィスキーではチェイサーなんて呼ばれていますね。お酒の合間にお水を飲むことで、お酒を飲むペースが遅くなるだけでなく、胃の中のアルコール濃度が低下し、血中アルコール濃度が上がりにくくなるので、酔いがまわらず、結果として翌日にも響きにくくなります。

もしも二日酔いになってしまったら

上記の対策を行えば、二日酔いのリスクはかなり減少していると考えられますが、それでも二日酔いになる可能性は0ではありません。翌朝起きて、万が一二日酔いになってしまったら、まずは糖分と水分を補給しましょう。

肝臓がアルコールを分解するためには、多くの糖分と水分が必要。二日酔いとして表れる症状の多くが、体内の水分不足によるものです。喉の渇きを感じていなくても、お酒を飲んだ日の寝る前や、起床時には水分補給を意識しましょう。

飲み物を多めに飲むようにするのはもちろんですが、果物を食べるのも効果的。と言うのも、果物は多くの水分を含んでいる上、糖分もたっぷり。アルコールを分解するために消費した、糖分と水分の両方を補えるのです。特に、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系がオススメです。オレンジもグレープフルーツも年中通して販売されているので、居酒屋帰りに購入しておくと便利ですね。

言うまでもありませんが、二日酔い対策の基本は飲みすぎないこと。一方で、女性に男らしい所を見せようとして、少し無理したくなるのも男性としては自然な気持ちです。翌日に響かないように工夫して、好きな女性とのデートを楽しみましょう。