居酒屋で口説く硬派論

居酒屋での口説き方にはある一定の空気感のつくりだし方が重要とされています。「今日こそは出張先のあのホテルの居酒屋で同僚を口説き落としたい!」 男性であれば、誰しも考えるこのことが、ただの男としてのいきがりにしかつながらず、かえって緊張度を高めすぎてしまうことの方が多いもの。反面、女性は"旬さ"に強く、色の"出し方"が非常に上手です。男性に誘われれば、極端に危険とは言えない場所であれば、そんなには断らないと言えるでしょう。これといって準備をしているのかは不明なのですが、居酒屋に男女2人で入ったからと言って、いい気になってしまのでは、子供でしょう。女性は、旬の空気感の醸成がすさまじく上手く、そこを見破っているようでもモテませんし、その一定のツボにはまれるようですと、非常にポイントが高いものとなってくるようです。

女性のツボ

ツボといっても身体のツボという一概に単純なわけでもありません。会話の流れに生じる、その女性特有の落しポイントを考えなくてはならなくなります。女性器がツボなことは誰しも分かっているのですが、それ以前に空気のなかにもツボがある! 会話に溶け込ます、一種のまじない的なトークニュアンスも必要とされています。その攻略法としては、まず初めての女性に気持ちとしてプレゼントを渡す。渡せないのなら気持ちの形として、「今夜はお酒代はおごるよ」という提案をするべきなのです。

女性フェロモン

男性には体臭としてノネナールがありますが…。女性にもそれぞれの女性にフェロモンがあります。一般的にはシャネルの5番の香りとはよく言われていることですが、その基本的なフェロモンへの攻略が、これまた次のネックになってくるのです。女性からフェロモンが出始めたからといって、男性は鼻からそのフェロモンを吸い取ってしまってはいけないのです。フェロモンが出てきたと感じた時には、そっとそれをかえって女性に気づかせてあげて、「出てるから、隠してあげる」、「このままで大丈夫だから安心して」と言うことがいいでしょう。男性側としては、飽和感を届けてあげることが大切になってきます。

女はそれ(イク)を我慢できない

この頃の現代女性は、騙されることにあまり抵抗の壁を見せようとしません。皆、男性は仮の生き様を通して、仮に騙して口説いていたとしても、騙し方が上手ければ、術が高等であればあるほど、女性も喜んでくれます。気づいていたら女芯は少し湿っていて、気持ちの良さもお酒の酔い心地のスピードと相重なって、相乗化されてくることでしょう。そうなれば、お酒をともに、さらに次へと進めましょう。少し女性に酔いが出てしまったら、優先トイレなどまで介抱してあげてください。個室で2人きりになればなるほど、その時間性が長ければ長いほど、女性はエッチのムラムラさが抑えきれなくなることは言われています。例えば、2人きりの間に、スマートフォーンでアダルトビデオをお互いに見合うという作法もよろしいのではないでしょうか。もう女性1人では心身的に我慢しきれない環境が続いてしまうシチュエーションをつくる。そして、その気分の昂まりをお互いで感じあって、イク…。それら一連の流れこそ、男女に与えられた奇跡なのだと考え、大切な気づきへも導くするものです。