フリの法、男の法、女の法

40代、居酒屋でモテるためには、フリをする方法をオススメします。男性も中年にもなってくると、見た目だけでは判断できなくなり、何か外見的にも振りをしている方の方が女性にとってはユニークですし、それならそれとして迫ることも可能でしょう。嘘も方便と諺で言われています。見抜かれない嘘ならよろしいのではないですか? この頃では、首都から離れて地方に行けば行くほど、見抜かれないようなテイストも出ています。様々なパターン化して居酒屋に極力1人で忍べるよう、様々なシーンを考慮しましょう。相席居酒屋を活用するのも手ですし、大衆居酒屋で女性にシチュエーションストーリーを即興で語ることができ、次の飲み屋に引き出せるような術も見につけられることができたらOKです。

男の法

会社員の方であれば、組織内の重責さは重いものとなってくるでしょう。自営業の方であれば、収入としても幅の広いものとなってくるものと思われます。ようは男として、何を売っていくのか。ビジネスとしてのフィールドと考えても同じことだと考えられます。世の中カネがすべてだよと語る人が多いのですが、果たして本当にそうなのでしょうか? 性交渉まで発展するモテ度ということを考えた時、そこに経済性は関与し得ないというのが通説ですし、そもそも逆だ、おカネのある人はちょっとごり押しが激しくて自分の主人と同じようだと、かえって相手にされないことすらあるようです。

女の法

女で20~30代にかけて一応の出会いを経験し、結婚も経た。無事子供にも恵まれたけど、亭主との性交渉生活はなくなってしまった。そんな女性たちが求めるのはいつの時代もセックスと出会いです。女性は、かなり性に対しての意識とトーク術はスキル的にも高いものがあり、男性がちょっとした女性の息や求めに気づいてくれるかどうかを見図っているとも言えるのです。女性も40代に入ると、それまでの人生とは異なった別の欲望に目覚めると囁かれています。普段は味わうことのできない少し異なったアプローチを楽しんでしまうようになったり、堅気に見える男性からドッと迫られた時の嬉しさといったら、それ以上のものもないのです。

一番楽しい出会いは、仕事の延長で出会った中年の既婚者男女同士が結ばれた時ほど、家庭には語れないけれども、大胆に、そして華麗に燃え上がったというストーリーです。たった一夜の関係だけで終わってしまうようで、縁がそれ以上なかったのだと開き直ってしまうことではいけないはずです。一夜へ結びつけて、そしてまた尽くして、お互いに離れられなくなり、関係性の連続へとつながったというのがやはり一番の理想系だと考えられます。

セックスは怖いと語ってしまう女性もなかにはいるようですが、それは男性とのスリルがたらないか、若い時に激しく経験値が高すぎた結果、振り子のように性のバランスが大きくマイナス面へと変わってしまい、そうなってしまったかなのです。モテてセックスをすること、モテているのを隠して影で快感を味わっていること、この2つの要素が最近の方々の間では人気があるようです。

居酒屋で、どういうシチュエーションかよく把握して、ある程度の空気感からターゲットとする女性がどんな気分でいるのかを読む。そして、親身になってトークを繰り返していく。その際重要とされるのが相手の男性としてのキャリアや風格などは言わずとも重要なものです。女性はタイプの男性でなくても寝ることはよくあります。