居酒屋 モテるための挑戦状

人も40代になるといろいろなことが見えてきて、現実の壁を越えたある種の限界に突き当たるでしょう。謙虚に考えれば考えるほど、社会的な位置も出てくるでしょうし、家庭環境の差異も見えてきます。何かに突き当たっていて、お互いがそういった乗り越えるときに、同時に、奇跡も生まれるものです。お互いの最初の一致点は異なっていた。けれども、話してみると、結果として、お互いに合致点も見つけることができた! このようなケースは深い交際へもハッテンします。現実問題として、皆心寂しいのは事実で、何かしらの良いご縁を求めていることは誰でもと言えます。その気持ちの空間にどれだけの思いや、それまでの40年間にどう生きてきたかで、話せる言葉も大きく異なってしまう事実もありましょう。何も先のことばかり考えていても仕方はありません。それまでの人生を振り返った上での居酒屋デートとなれば、モテ度も上がってきます。

お互いに飲めているという幸せ感

人は誰でも幸せになりたいと感じています。その時その場で2人が一緒にお酒を楽しんでいられること、その瞬さにまずは感謝をするべきでしょう。普通であったならば、その場はなかったかもしれません。別の男性とデートをしていたかもしれません。なぜに2人というお互いがそこまで発展できたのか、その奇跡もお互いで見つめなおしてみると、絆も堅くなるでしょう。

人の間という生き方と書いて、人間です。文字通り、人は人の間を生きていきます。ですから、何かをつないであげることもそうでしょうし、世の中をこれから2人で渡っていくということもそのはず。世の中の渡り方の名台詞として有名な千利休の言葉に「相客に心をつけ候」(利休七訓)があります。考えて読んでみると、慮るに大変深い言葉です。こういった会話を2人でしながら、居酒屋でデートをすることほどユニークなこともないのです。

お酒を交わして笑い合う

居酒屋でのデートですから、当然、楽しい方が暗い感じよりも好ましいのです。お互いに共通点を見つけて、笑顔で時間を過ごせた。女性ももちろん楽しかったと思うでしょう。笑いは健康にもよいとされていて、人を魅了する大きなポイントとしても価値の高いこととなります。

デート時に写真を撮っておく

デートで成功するためには、写真撮影はとてもユニークなものとなります。ただ何もしないで、2人でお酒ばかり飲んでいたというのも、それはそれでいいのでしょうが、やはり2人の気分を盛り上げるには、携帯電話のカメラ機能などを使って、2人がつくった空気感を、写真に納めておくことをおすすめします。写真を撮っているうち、それ以上の面白さを見つけ出すようになれたり、写真だけで2人の時間を終えてしまうのはもったいない、と女性男性双方が思える関係へとつながる。そして、同棲や結婚へ動いていくという方向性でいいのです。

出会いあれば別れあり、別れがあれば出会いがあります。居酒屋だけでなく、世の男女は皆一様にそんな経験者ばかりです。人はその繰り返しの連続とは言えてしまうのですが、普通、出会いは奇跡と皆言います。別れを奇跡とは言わずに、縁がなかったというような言葉で締めくくることも多いものです。どの道を見ても、40代になるとベテランばかりになってきます。自分自身の人生計画へ、さぁ今宵も居酒屋デートへ!