居酒屋選びでHまで行ける確率は格段に変わる

居酒屋にはたくさんの種類があります。楽しみ方も場所それぞれあります。口説きたい女性のタイプに合わせたお店選びをする必要があるといえるでしょう。「Hまで持ち込みたい」と思うなら特にチョイスの仕方は重要になってきます。

焦っては絶対にだめ!

「女性とベッドをともにするには何が必要か?」男にとってこれはとても大きな課題です。せっかくデートにまでこぎつけたのだから「そのあとのセックス」を意識するのは当然です。しかし女性の場合はちょっと考え方が違います。デートはあくまでもデートでセックスとはイコールになりません。その微妙なズレが男女の恋愛をちょっとだけ複雑にしています。特に中年男性の場合は「若い子の気持ちがわからない」という人も多いでしょう。「チャンスが少ないからものにしたい」と焦る人もいるかもしれません。本気で女の子をものにしたいと思うならあまりがっついてはダメです。

個室やこぢんまりした店を狙え!

女性がHをしたいと思う時はどんな時でしょう?男と違って女の人は「精神的なつながり」を重視します。スキンシップやコミュニケーションが大切になるわけです。居酒屋デートでもベッドまで繋げたいならばその点を重視しなくてはいけません。お店選びとしては「親密な会話」をしやすい場所を選ぶべきです。たとえば大手チェーンの場合、広々とした明るいお店はNGです。他の客の顔が見えてしまい、どうしても気が散ってしまいます。最近は「個室」をウリにしたチェーン店も多いので狙ってみるのもいいでしょう。またこぢんまりとした個人経営の店も悪くありません。小さいお店は座席スペースも狭く、体も近づきます。親密な会話もしやすくなるでしょう。またそういう場所ほど「ちょっとした悩み相談」などもしやすくなります。悩みを打ち明けるという行為は心を一気に近づけるチャンスです。普段見せない姿を見せるということはガードを下げてくれている証拠です。人情味あふれるような小さな居酒屋で相談に親身に応えれば女性の心も緩むはず。あとは一気にベッドまで持ち込みましょう。

立ち飲みはホテルに行きやすい?

立ち飲み系の居酒屋もHまで持っていきやすいお店です。立って飲むと誰でも、酔いが早くなります。元々アルコールの許容量が男性より少ない女性ならばまわりも早いものです。あまり立ち飲み経験が無い子ならば「あれ、なんで酔ってるんだろう?」と不安になるかもしれません。そこで優しく接してあげればポイントはあがります。体を支えてあげるために、ボディタッチの機会が増えるのも立ち飲みの良いところです。肉体的な接触は性を感じさせます。特に酔って本能が出ている状態では「男性のたくましい腕」にドキっとするものです。意中の女性の横をしっかりとキープし、さりげない気づかいをすれば思ったよりも簡単にベッドまで持ち込めてしまいますよ!

Hまで行くためにはちょっとしたお店選びのコツがあります。ポイントを押さえてベッドまで持ち込みましょう!