居心地とHな雰囲気は紙一重!女性の性感を高めるならこんな店!

居酒屋の楽しみといったら何よりもお酒です。ちょっとしたアテと熱燗があれば何時間でもいられる、なんて中年男性はけっこういるでしょう。好きなお酒をチビチビやれるのは何よりも幸せです。アルコールを楽しむには雰囲気も大切です。居心地が良いからこそ長居できるという側面があります。女性とのデートでも「空間」はとても重要なポイントです。雰囲気の良しあしで実はHの感度すらも変わってしまいます。

Hはテクニックより心

男性と違って女性はセックスに「精神的な喜び」を求めます。心の満足度が高い方が、Hもより楽しめるという傾向があります。もちろん肉体的な刺激も必要です。性感帯への愛撫や挿入での性感は確かに気持ちの良いものであるはずです。とはいえそこに気持ちがこもっていないと女性は快感が半減します。「Hのテクニックを磨かないといけない」と男性は思いがちですが、実は違います。小手先のワザよりも「女性の心をあげる」テクニックの方が重要です。

個室を選べば気持ちもあがる!

居酒屋デートで女心を掴むにはどうすればいいのでしょう?まずはお店の雰囲気を考えることが重要です。いろいろな種類の店舗がありますが、何より「女性の心を上げる」のは「隠れ家感」といえます。大手チェーンなどであれば個室の部屋を選ぶべきです。普段の生活とは分けられた「プライベートな空間」は女性にとって特別な気持ちを抱かせやすいものです。他の客にも見られませんし、親密な会話やちょっとしたスキンシップもはかりやすいでしょう。あまり大胆なことはいけませんが、「ちょっと手をつなぐ」くらいのことをすれば女性もドキッとするはずです。二人だけの空間をうまく作り出せれば気持ちを上げることはそれほど難しくありません。

お忍び感で性感を高める!

狭いプライベートな空間は「お忍び」のような雰囲気も醸し出します。お店には他にもお客はたくさんいます。大手の店ならば目に見えないだけでかなりの数の人がそこにはいます。仕切りがあるとはいえ、覗こうと思えば覗ける微妙な「隠れ家」です。「いつ誰に見られるかはわからない」というドキドキ感は女心をくすぐります。お店なので大胆なことはできません。だからこそ、ちょっとしたスキンシップが効いてくるわけです。手をつないだり、自分の箸で食べさせてあげたりもいいでしょう。さらに大胆にちょっとだけ太ももを触ってみるのもいいかもしれません。ギリギリラインのスキンシップは女性の性感をかなり高めます。その後も余韻が残り、セックスの時には一気に爆発するはずです。見えないけど見られるかもしれない、そんな「お忍び感」を利用することは女性の気持ちと性感をあげることでしょう。

居心地の良さとHな雰囲気は紙一重!個室やプライベート感のある居酒屋を選んで女性の気持ちと性感を高めてあげましょう!