いろいろな地域で居酒屋デート

このコーナーでご紹介するのは、いろいろな地域を利用した居酒屋デートの方法です。日本国内、やはり"酒業"と、"宿業"で持っていると言っても過言ではなく、基本の構造とすると、この2業種が社会制を「敷く」という系を取っていきます。

とある地方で、ブティックホテルの1階に飲食店をオープンさせたという話を伺ったことがあります。40代ともなりますと、自分のお部屋もあり、経済的にもある程度幅も利くようになってきた。でも、「連れがいないッ!」という嘆きに近い悲鳴!をよく伺ってしまいます。出会いそのもの自体は、「相席喫茶」とか「お見合い相談所」と一言に言われていても、"なかなか踏み出せないから困っているんじゃないか…"と、まぁ件の曰くです。見栄も外聞も出てくるのでしょうが、成功者とはどんどん差が開いていってしまう。日本人皆が皆平等であるはずなのに、どこかの構造的にも抜けが出てきたり、地域制の延長型による組込式相違が生まれてきて、構造的不況に陥ってしまいました。

焦りつつ♪

そこで、何が盛り上がるのかと疑問に感じ、東京の方々は分析を行ってしまいます。学士様が多い世の中です。ですが実は、ここが1番の問題のひとつで、「分析」と「思考」ではなく、どのようにも、「延長」と「創意」が必要なことを知っている人が少ないのです。発想の転換を行うことが組織システム的にも難題になりつつあり、東京陣がロボットコンピューター化してしまいました。東京で働いている諸君! 地方人が東京のことをゴミ箱と呼んでいるのを知っていますか? 東京人と言われていることを知っていましたか?

でも!…

そうなのです。みながみなで廻していく舟なのですから、それでよろしいのではないですか! 「ちょっと営業周りの途中に地方の日帰り温泉で呑んで泊まって伝統のお祭りを見た」。「私はシティが好きだから、しっかりとルールつくり班長をするの」。前者は、経験値的にも非常に高いものがあります。広く浅くですね。後者といっても、永久的に続くことが可能なのですか? 狭く深くです。いろいろお好みがあるでしょうから、一概にこれといってもおかしなことですが、前者と後者の間を、按分を采配してエスコートする(!)。大変に難しいことなのですが、なにやら今後の男女が乗り越えたい点として位置するなら、全体も嬉しいのではないでしょうか?

ヒモはニーズを汲むのがうまい♀♂

女性にいろいろと尽くされて女体を徹底的に知り尽くした男性たちだからこそ、語れ、動く、なにかがあることは事実なのです。どちらかといえば歴史上の人物でいえば、豊臣秀吉人と言えましょう。関が原の戦で、どうせ家康など容易い、酒と女に浮かれていれば必ず部下たちは動くであろう。おごった石田光成軍に天下は下りませんでした。家康は巧妙の勘性と知略家として、一部ではタヌキとして知られていますが、幼き頃囚われの身であった彼のように、なにかをなにかに託しているかに見せていくというのもデート法としては活用できるものです。さて、信長は馬と教を好んでいたと言われています。南蛮教に強い心の拠所を頂き、一時代一時代ごとに武将が天下取りした流れが時代的にはあったかと思います。風林火山として知られた武田信玄は影武者という反骨心を多用したとは言われていますが、人心の掌握の仕方に非常に長けていました。信玄は女性に弱かったのでしょう。北条氏は海の武将で轟きに長け、諸般の大名たちも彼等の指導に従い、また絆を築きました。今川氏は念じるという強みがあり、非常に知識深かったことが伺われます。現代の関係者は関が原の戦での功名を汲んでいると伝わっています。

デート法もこれと同じことです。あなたはさぁ、これから今宵女性と居酒屋デートです。どの武将として、どういう戦略をとりながら女性にモテていきますか?